カジノトピック

TVCMでオンラインカジノ?アダルトサイトにも出てくるのに大丈夫なのかについて徹底解説

みなさんはオンラインカジノのCMを見かけることはありませんか?

アダルトサイトの広告にも出てくることのあるオンラインカジノですが、TVCMで流れて大丈夫なの??と疑問を持つ方もいるでしょう。

今回はそのオンラインカジノのCMについて違法性はないのか解説していきます。

そもそもオンラインカジノって何?

宝くじやパチンコ、競馬などのギャンブルはよく聞くこともあり、イメージしやすいと思いますが、オンラインカジノと聞いてもイメージすることが難しい方もいるのではないでしょうか?

まずはオンラインカジノについて簡単に説明していきます。

オンラインカジノとは

オンラインカジノとはネットを通じて自宅のPCやスマホ、タブレットなどで本場のカジノを体験できるオンラインのカジノゲームの事です。世界には1500~2000のオンラインカジノが存在しプレイヤーの数も延べ3000万人に上ると言われています。

オンラインカジノは、カジノが認められている国あるいは州の正式なライセンスを取得しているため、安心して楽しむことができるのです。

これらオンラインカジノサイトには様々なギャンブルゲームが含まれています。一つのオンラインカジノサイト当たり約1000種類以上も!

皆さんが知っているようなブラックジャック、ポーカーなどをはじめ初心者にもうれしい二択のルーレットやシックボー等、自分の好みに合ったゲームを選んで楽しむことができます。

オンラインカジノの還元率はギャンブルの中で最高の97%

オンラインカジノなどのギャンブルで気になるのがそのギャンブルの還元率ではないでしょうか。

なんと、オンラインカジノは日本に存在するギャンブルの中では、宝くじやパチンコを越えて一位の95%越えなのです。

ランキングギャンブル種類還元率
1位オンラインカジノ約95-97%
2位パチンコ約85%
3位公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇)約75%
4位宝くじ約45-50%

このように還元率が高い理由としてはオンラインカジノ特有のボーナスが還元率を高くしているのです。

オンラインカジノは安全?

オンラインカジノを運営するにはライセンスの取得が義務化されています。

ライセンスは厳しい基準をクリアした場合のみに承認されるものであり、ライセンスを取得しているオンラインカジノサイトは安全ですので、安心してプレイすることが出来ます。

しかし、中には危険なオンラインカジノも存在しています。基本的に発展途上国の多いアフリカなどの国でライセンスを取得している国は規制が緩いので注意するようにしましょう。

こちらの記事でオンラインカジノについて詳しく解説していますので、是非目を通してみて下さい!

【初心者必見!】オンラインカジノとは?法的に違法じゃないのか徹底解説! | CASINOTOWN

オンラインカジノの広告は大丈夫?

オンラインカジノはライセンスを取得しているサイトであれば必ず第三者機構によって監視されています。

そのため、不正をするとカジノサイトだけでなくその機構からもバレてしまうためすぐにアカウントがロックされてしまいます。

ではそのライセンスについて少し解説していきましょう!

不正を暴くライセンス取得とは

オンラインカジノを経営するにあたって必ず必要になってくるのがこの第三者機構が発行するライセンスです。

主にヨーロッパ国が発行していることが多く、取得にはある程度の難易度を要します。

下記ライセンスは有名オンラインカジノサイトの一つであるベラジョンのライセンスです。

先ほど述べた通り、ウィルスに感染するようなプログラムがされていないかなど、プレイヤーが安心してカジノをプレイできるかの審査をするのがこのライセンス取得に必須なことになります。

ライセンスを発行している国は?

オンラインカジノを運営するにあたって、運営している会社はライセンス取得が義務化されています。

これはカジノを許可している国で発行されているもので、おもに下記の発行国があります

・キュラソー島(オランダ領)

・イギリス

・マン島

・オルダニー島

・アイスランド

・マルタ共和国(イギリス領)

など

つまり、上記の国で定めている条件や、第三者機構の監視の下で許可されたサイトのみにライセンスがふり分けられるため、ウィルスに感染する可能性がないのです。

そして日本をはじめアジア各国ではあまりライセンスがは行されていないのが現状です

オンラインカジノは違法ではない!賭博罪に当たらない理由

ここで皆さんが不安に思うことは、オンラインカジノなどのギャンブルが賭博罪をはじめとした日本の法律に当たらないのかということですよね。

結論から言いますと、賭博罪などの法律に引っかかることはありません。

ではなぜなのでしょうか。

賭博罪について、当てはまらない理由

日本のギャンブルを取り締まるものとして賭博罪というものが存在します。

オンラインカジノはこの賭博罪が当てはまらないのです。

理由としては、オンラインカジノは胴元が海外にあり、海外のものに対して日本の法で裁くことができないからです。

賭博罪は日本の公に認められている競馬や競輪など以外に賭博行為をしたものに課されるものです。

賭博罪にあたる条件はいくつかあるのですが、基本的に重要になってくるのが日本国内で賭場が開かれているかということと、賭場に胴元、張り子両社が同時に存在しているかの二点です。

賭博罪は、胴元を取り締まるためのものです。

つまり、海外に胴元がある以上、そして海外で合法とみなされている以上日本で罪として罰則することは難しいのです。

賭博罪とは|罪の定義と逮捕される条件・刑罰の重さと判例を解説|刑事事件弁護士ナビ (keiji-pro.com)

過去に逮捕者が出ているのはなぜ?

実は日本でも昔にオンラインカジノ関連での逮捕者が出ています。

いったいなぜなのでしょうか?

逮捕者が出た例としては大きく三つあります

・ドリームカジノ(2016年)

・お台場カジノ(2009年)

この二つに関しては、そもそも日本人が日本で運営していたため、賭博罪に当てはまり逮捕されています。

そしてもう一つ

・スマートライブカジノ(2016年)

これは胴元が海外にあるのにも関わらず、プレイヤーが逮捕されています。ですが、

・日本人ディーラーが対応していた

・日本人ディーラーと日本人プレイヤーの構図

・日本語でのやり取り

これら三つの条件から日本国内客に向けた賭博行為として判断されたのです。
ですが、一人は立ち向かい、不起訴になっています。

理由としては、胴元が海外のものだという主張と、日本人が運営していないということを主張したのだと思われます。

ですので、プレイする際はしっかりとそのサイトのライセンス取得を確認するように徹底しましょう!

まとめ

今回はオンラインカジノについて解説してきました。

TV番組のCMなどで流れている広告ですが、アダルトサイトに表示されるだけあってかなりマイナスのイメージを抱いている人もそう少なくないと思います。

ライセンス取得をしている安全なサイトであれば安心して遊ぶことができるので、是非登録して遊んでみてください!