カジノ攻略

オンカジでできる、ランドカジノができる前に練習すべき資金法とは?

日本にランドカジノができる?いつ頃になるの?

基本的に日本国内での賭博は禁止されています。

ですが、IR促進法が制定され日本の活性化のために全国で最大3カ所にランドカジノを含むIR施設が設立されることが決まったのです。

IR誘致を表明していたのは下記の4地域で、全国にIRを整備する方針です。

・横浜市

・大阪府

・長崎県

・和歌山県

2019年8月横浜港・山下ふ頭へのIR誘致方針を表明していました。

地元経済界も歓迎し、国内外の7事業者から提案が寄せられていたそうです。

しかしコロナ禍による経営不振から米国の有力2社が撤退を決定し、ギャンブル依存症や治安の悪化を懸念する市民の間では反対運動が起きていました。

それらに関しては下記リンクで解説していますのでご覧ください。
以前横浜に建設予定だったIR、今後日本にランドカジノは来るのか? | CASINOTOWN

今ではコロナウィルスの影響もありIR施設が日本に来るのは未定になってしまったということなのです

カジノ法案の概要とは?

総合型リゾート(IR)とは?

総合型リゾートは言ってしまえば複合観光集客施設のことです。

カジノだけではなく、レストランやホテル、映画館プールなどのアミューズメントも含まれている施設のことになります。

基本的に海外からのお客を取り入れるための施設になるので、そこだけでおもてなしが完結するのが総合型リゾートのいいところなのです。

カジノ法案の概要について

カジノ法案については法律で2016年に新たに設定されています。

(目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

(基本理念) 第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。

(※特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律 | e-Gov法令検索一部引用)

このように定められています。

上記を簡潔にまとめると、このカジノ法案は総合型リゾート【IR】を作ることで日本を活気づかせるという目的のもと作られました。

また、カジノ法案なだけあってしっかりと日本人に対して週三回までの入場などの制限も課されていました。

日本でオンラインカジノをプレイすることは違法ではないワケ

賭博罪について、当てはまらない理由

日本のギャンブルを取り締まるものとして賭博罪というものが存在します。

オンラインカジノはこの賭博罪が当てはまらないのです。それはオンラインカジノは胴元が海外にあり、海外のものに対して日本の法で裁くことができないからです。

賭博罪は日本の公に認められている競馬や競輪など以外に賭博行為をしたものに課されるものです。

賭博罪にあたる条件はいくつかあるのですが重要になってくるのが、日本国内で賭場が開かれているかということ賭場に胴元・張り子両社が同時に存在しているかの二点です。

賭博罪は、胴元を取り締まるためのものです。そして海外に胴元がある以上、そして海外で合法とみなされている以上日本で罪として罰則することは難しいのです。

賭博罪とは|罪の定義と逮捕される条件・刑罰の重さと判例を解説|刑事事件弁護士ナビ (keiji-pro.com)

過去に逮捕者が出ているのはなぜ?

実は日本でも昔にオンラインカジノ関連での逮捕者が出ています。

いったいなぜなのでしょうか?

逮捕者が出た例としては大きく三つあります

・ドリームカジノ(2016年)

・お台場カジノ(2009年)

この二つに関しては、そもそも日本人が日本で運営していたため、賭博罪に当てはまり逮捕されています。そしてもう一つ、

・スマートライブカジノ(2016年)

これは胴元が海外にあるのにも関わらず、プレイヤーが逮捕されています。ですが、

・日本人ディーラーが対応していた

・日本人ディーラーと日本人プレイヤーの構図

・日本語でのやり取り

これら三つの条件から日本国内客に向けた賭博行為として判断されたのです。
ですが、一人は立ち向かい、不起訴になっています。

理由としては、胴元が海外のものだという主張と、日本人が運営していないということを主張したのだと思われます。

そうならないためにも、プレイする際はしっかりとそのサイトのライセンス取得を確認するように徹底しましょう!

オンカジの資金の重要性について

資金管理において必要な項目が大きく二つあります。

適正な軍資金について

オンラインカジノで勝てない人の共通点として「適正な軍資金を用意していない」人が多々見られます。
例えば、三万円を入金しそこをついたらその月は終了としているひとは多いのではないでしょうか?

そのほかにも、そもそもちゃんとした月の軍資金を用意せずにちょっとのお金から始めてしまうような人もいるでしょう。

「あればあるだけつかってしまう」

これが一番オンラインカジノの資金管理をするうえでしてはいけないことなのです。

それでは、この考え方に陥らないためには一体いくらくらいを軍資金として用意するのがいいのでしょうか?

1っか月の適正な軍資金っていくらくらい?

これは、一回の損切り額の最低でも5倍は必要です。

具体的な数値でいうと、損切り額を2万円としているのであれば月で約10万円は準備する必要があるということです。

軍資金はいくら大きくてもいいというわけではありません。負けないための資金管理をするためには一回の損切り額に対する軍資金の大きさが重要になってくるのです。

軍資金が100万の場合

損切り額が50万だと連敗で退場してしまう。
損切り額が2万円だと50回分の資金を得ていることになる。

・あればあるだけ使ってしまうような考えは一切捨てる

・月の軍資金は一回の損切り額の約5倍は必要

・損切り額に対して軍資金がいくらあるのかが大切

オンカジをする際の適正な出金方法について

ここでもう一つ重要になってくるのが出金方法の適正性です。これは例を挙げながら考えていきます。

一回の損切り額以上入ってしまう

たとえば、一回の損切り額を3万円だとしましょう。すでにカジノ内に6万円が入っていたとして、三万円損切りしてしまいました。まだカジノ内には3万円のこっています。

その次にあなただったらどうしますか?

ここで失敗してしまう人はその損切りでなくしてしまった3万円を取り返すために残りの三万円を投入してしまうのです。そうすると結果としてその三万円も溶かしてしまい、手元には一円たりとも残らない状態へとなってしまいます。
このパターンを何回も繰り返してしまうとなかなか勝てない状態になってしまうのです。

ここでダイエットを例に上記のことを考えてみましょう。

ダイエットの例

やせるためにおにぎりを3つ持って行きました
一個だけ食べてまだ二つ残っています
この後どのような行動をとるでしょう?

ここで、オンカジで負けてしまう人はもう一つ食べてしまうのです。
結局三つや二つもおにぎりを食べてしまったことになるのです

自分を誘惑して自己嫌悪に陥ってしまう

上記の二つに共通して言えるのが、自分のことを自分で誘惑しておいて結局自己県嫌悪に陥ってしまってるということです。

「損切り額を決めていたのに結局無視してしまった」
「結局おにぎり3つも食べてしまった」

いわゆる自虐してしまっているのです。なんで余分に持ってるんだよ!となりませんか?

「損切り額に対して持ってく資金じゃないだろ」
「ダイエットなのになんで3つも持って行ってるんだよ」

と、これら二つどちらも同じパターンをたどっているのです。こうなってしまっては絶対になりません!

適正な出金方法は?

まとめていうと、一回の損切り額以上の額はカジノに入れないようにするのがベストだといえるでしょう。そうすることによって一回損切りをしてしまったとしてもそれを取り返そうとして余計なお金を出費する危険性がなくなります。

そして得られた額をまたそれを軍資金として出金していくのです。
そうすることによって常に損切り額を意識するようになり、出金額に対して失敗をしなくなり、より気持ちよくカジノを楽しむことができるのです。

まとめ

これまで資金管理法について大きく二つほど紹介してきました。
まず軍資金については損切り額の約5倍を見積もって準備すること。そしてそれが準備できたら初めてカジノに一回の損切り額分を入金し、勝った分をまた出金としてカジノに使っていく。ぜったいに余計な分を入れないように注意しましょう。

要約

・軍資金は損切り額の5倍は準備しておく
・カジノに入金する額は一回の損切り額分のみにする
・勝った分をまた入金額として利用していく

これらを頭に入れておきながら、無理のないカジノライフを楽しみましょう!