初心者必見記事

確認必須!オンラインカジノの税金の計算方法や詳細について徹底解説

皆さんはオンラインカジノに税金がかかることをご存じですか?またその場合の税金計算方法などは周知しているでしょうか?

もし申請しなければ捕まってしまう可能性もあるので必ず押さえておくようにしましょう。

この記事では税金の詳細から計算方法までまとめています。オン来カジノをプレイするうえで必ず確認しておくようにしましょう!

オンラインカジノは税金が発生する!?

残念ながら日本国民ならばオンラインカジノで得た収益に対する税金も必ず納めなければなりません

オンラインカジノは税金を納めなければなりませんがなぜですがパチンコや競馬って賞金を現金で受取ることになるのでその証拠が無いため税務署も対処のしようが無いのです。

だから別にわざわざ税金を払う人もいませんし別にお咎めも無いというわけなのです。
しかし、オンラインカジノの場合は残念ながらそうもいきません。

小切手で換金する場合でも銀行で送金を受け取る場合でも、必ず受け取ったという証拠は残るので「確定申告」をする必要があります。

ではその税金の詳細や計算方法について解説していきたいと思います。

確定申告の詳細について

会社の給与については、会社側で年末調整してくれますが、オンラインカジノで得た収入は個人の収入に当たるため、自分で確定申告しなければなりません。

対象期間・確定申告をする時期

確定申告の対象期間は、その年の1月1日~12月31日となり、翌年の2月16日~3月15日までの間に確定申告をする必要があります。

オンラインカジノでの収入がある方は、当該期間中に忘れずに申告するようにしましょう!

確定申告に必要な書類

確定申告をする際、必要な書類は以下の3種類です。

  1. 源泉徴収票(会社に勤めている場合)
  2. 支払調書
  3. 経費領収書

「源泉徴収票」は、会社に勤めている場合、年末年始頃に会社側から受け取ることができます。「支払調書」は、オンラインカジノ側に問い合わせて受け取る書類です。自分でつけた帳簿でも有効な場合があるので、日々記録を付けておくことをおすすめします。「経費領収書」は、所得が300万円以下の場合必要ありません。しかし、超えてしまった時のために、領収書やレシートは残しておくようにしましょう。

自分で確定申告を行うということは、難しく感じるかもしれません。必要書類に関して分からないことがある方は、税務署に相談するなどして確実に準備するようにしましょう!

オンラインカジノってどんな所得?

ではオンラインカジノで得た利益は一体◯◯所得になるのでしょうか?

利子所得配当所得不動産所得事業所得
給与所得退職所得山林所得譲渡所得
一時所得雑所得

日本の税金には以上の10種類がありますが、どれか分かります??

正解は 「一時所得」 です!!!

この一時所得に該当するパターンとして次のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
  2. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
  3. 法人から贈与された金品
  4. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

オンラインカジノでの利益は1番に当たりますね。

収益に対する税金の計算方法を解説

オンラインカジノが課税対象であることは理解していただけたでしょうか?

ここからは、オンラインカジノで得た収入に対する税金の計算方法を解説していきます。

一時所得の計算方法

先述の通り、オンラインカジノで得た収入は「一時所得」に分類されます

一時所得の算出方法は以下の通りです。

一時所得の計算式

【一時所得】 = 【収入金額】 – 【支出金額】 – 【特別控除額(最高50万円)】

【一時所得の課税対象】 =【一時所得】 × 【1 / 2】

特別控除額が50万円とあるように、一時所得の場合、収入から50万円を特別控除として差し引くことができるので、総額が50万円以下の場合は納税する必要はありません。また、課税対象となる所得金額は算出した一時所得の半分とされています。

負けた分は支出として算入できない

ここで注意していただきたいのが、負けた分は支出に算入できないということです。

以下の表をご覧ください。

プレイ日利益/損失
○月○日50万円
○月○日100万円
○月○日100万円
○月○日30万円

ではここで確認のために一つ問題です!

Q.この場合の課税対象はいくらになるでしょうか?

A.答えは180万円です。損失が100万円のため、80万円が課税対象と思われたかもしれません。
しかし、損失分は収益から控除しないため180万円が課税対象になることに注意しましょう。

所得税の計算式

次に所得税の計算式を見ていきましょう。

所得税の計算式

所得税 = { (給与所得などの他の所得 + 一時所得の課税対象) } – (各種所得控除) × 税率

所得税率については、国税局の速算表をご覧ください。

引用URL:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

最後に

色々とオンラインカジノと税金の関わりについて書きましたがもしかしたら今の話を聞いてオンラインカジノで遊ぶことがちょっと面倒くさいなあと感じた方もいるかもしれません。

そういう方もご安心を!

オンラインカジノには無料プレーが用意されているのです!

ただ無料プレーと聞くとせいぜい3つか4つぐらいしかゲームが遊べないんじゃないのかと思われるかもしれませんがオンラインカジノの無料プレーは有料プレーと遜色なく遊ぶことが出来ちゃうんです。

それに無料で遊び放題なら、税金がかかることもなく安心してオンラインカジノの体験が満喫出来ますしね!