カジノ用語集

【カジノ用語集】ブラックジャック初心者が覚えるべき用語集を紹介!

オンラインカジノをこれから始めようとしている方におすすめのゲームにブラックジャックがあります。

ブラックジャックはほとんどのオンラインカジノで扱われていて、誰でも簡単に楽しむことができます。

今回は初心者の方がブラックジャックで楽しめるように、覚えておくべきブラックジャックで使われる用語を紹介します!

ブラックジャックってどんなゲーム?

ブラックジャックってどんなゲーム?

ブラックジャックは、カジノゲームの中で最も人気のあるテーブルゲームです。

ブラックジャックのルールも基本は簡単で、カジノディーラーが自分とプレイヤーにカードを配り、手札の合計数が『21』に近い方が勝ちというゲームです。

勝負するのはディーラーとプレーヤーで、ディーラーと駆け引きをしたり、場の流れを読んだりするテクニックを身につけると安定して勝つことができます。

ペイアウト率はカジノゲームの中で一番高く、ブラックジャックを極めることが安定収益につながりやすいです。

そして、オンラインカジノでプレイするブラックジャックは、自宅に居ながらにして世界中のプレイヤーと勝負可能です。

こちらの記事でブラックジャックの実践例などを紹介していますので、合わせてご覧下さい!

あわせて読みたい
【オンカジ攻略】ブラックジャックのルールを誰でもわかるように解説! ブラックジャックとは ブラックジャックは、カジノゲームの中で最も人気のあるテーブルゲームです。ブラックジャックのルールも基...

ブラックジャック初心者が覚えるべき用語集

ブラックジャック初心者が覚えるべき用語集

ブラックジャック初心者の方が覚えるべき用語を「ブラックジャックの基本用語」→「最初に覚えるべきアクションに関する用語」→「勝つために覚えるべき用語」のように段階的に紹介していきます。

ブラックジャックの基本用語

ハンド (Hand)

各プレイヤーやディーラーに配られる手札のこと。

ブラックジャックでは、最初に2枚ずつカードが配られます。1つの手札でプレイすることを「シングルハンド」といい、複数の手札でプレイすることを「マルチハンド」といいます。

アップカード (Upcard)

ディラーのハンドで1枚目に配られるカードのこと

全プレイヤーに公開され、戦略の大きな鍵となります。

ブラックジャック (Black Jack)

ハンドの合計が21になった場合のこと。

最初に配られた2枚のカードで21になった場合は「ナチュラルブラックジャック」と呼びます。

最初に覚えるべきアクションに関する用語

ヒット (Hit)

カードを引くこと。(手持ちのカードが少ない場合に使用します。)

バストするまで何枚でも引き続けることが出来ます。

スタンド (Stand)/ステイ (Stay)

ハンドにこれ以上カードを追加しないこと。

スタンドまたはステイと呼び、これによって自分のハンドの合計値が確定します。

ダブル (Double)

賭け金を2倍にして、カードを1枚だけ引くこと。

勝てば当初の2倍の配当金を得ることが出来ますが、負けると損失が大きくなってしまうというデメリットがあります。

バスト (Bust)

カードの合計が21を超えてしまうこと。

この場合無条件で負けとなります。最初に配られる2枚のカードでは最大でも21であるため、いきなりバストすることはありません。

プッシュ (Push)

引き分けのこと。

プレイヤーとディーラーのカードの合計が同数である場合にプッシュとなります。ただし、プレイヤー、ディーラー双方ともバストした場合はディラーの勝ちとなります。

サレンダー (Surrender)

サレンダーとは、文字通り「降伏・降参」のこと。

最初に配られた2枚のカードとディーラーの1枚目のカードを確認した後、勝てないと判断した場合にサレンダー(降伏)を選択することが出来ます。サレンダーを選択した場合、賭け金の半分が戻ってきます。

勝つために覚えるべき用語

ダブルダウン (Double Down)

3枚目のカードを引く場合に、賭け金を倍に引き上げること。

自分のカードとディーラーのアップカードを見て、勝てると判断した場合にダブルダウンを選択して賭け金を大きくします。ダブルダウンを選択した後は、引けるカードは1枚のみとなります。

スプリット (Split)

最初に配られた2枚のカードが同じ数字のペアだった場合、その2枚のカードを2つに分けて別々のハンドとしてゲームをプレイすること。

特に、Aのペアや8のペアの場合はスプリットした方が良いといわれています。

インシュランス (Insurance)

ディーラーがブラックジャックになる可能性がある場合に、保険をかけておくことが出来ること。

最初に配られたディーラーの表向きのカードがエース(A)の場合に選択でき、賭け金の半額を保険料として支払います。ディーラーがブラックジャックになった場合は、賭け金の1.5倍をもらうことが出来ますが、賭け金はそのまま没収となるので、プラマイゼロとなります。ディーラーがブラックジャックでない場合は、保険金のみ没収され、ゲームが続きます。

イーブンマネー (Even Money)

インシュランス同様、最初の賭け金の半額を賭けて選択すること。

イーブンマネーは、インシュランスととても似ている方法で、ディーラー側に配られた1枚目のカードがAで、さらに自分のハンドがAと10やAとKなど、ブラックジャックが成立している場合に選択することが出来ます。インシュランスとの相違点は、インシュランスが負けることを想定した方法であるのに対して、イーブンマネーは引き分けになることを想定した方法であるということです

まとめ

ブラックジャックで使われる基本的な用語について解説してきました。

今回紹介したのは、初心者の方がブラックジャックを始めるに当たって覚えておくべき基本的な用語であり、紹介した用語の他にも様々な用語が存在します。

カジノタウンでは、理解できなかったことやオンラインカジノについて分からないことを随時公式ツイッターにて募集しています。ブラックジャックで実際に遊んでいく中で分からないこと等ありましたら是非下記リンクのTwitterに気軽にお越し下さい!