初心者必見記事

【カジノ法案はどうなる?】オンラインカジノは合法か?違法か?


オンラインカジノに興味がある、という方は日本中にたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、いざ始めてみようかとなってもカジノという名称がついている以上「オンラインカジノは合法なの?違法なの?安全なの?」という点で不安があるかもしれません。
そこで、この記事ではオンラインカジノの違法性についてを詳しく解説してみました。

オンラインカジノに興味がある方は是非最後までご覧ください。

オンラインカジノは違法賭博なのか

オンラインカジノは違法になるのか

結論から言うと、海外で運営されているオンラインカジノ自体は違法な賭博には当たりません。

なぜかと言うと、オンラインカジノが合法の国で運営している会社は「カジノが合法の国で政府からの認可を受けてサービスを提供している」「運営ライセンスを取得している」この条件をきちんとクリアしているからです。

そのため、上記のようなオンラインカジノ店を利用して個人で楽しむことは違法にならないのです。

オンラインカジノが合法な国について

オンラインカジノを合法化している国は世界中で約200ヵ国あります。
代表的な国で言えばカナダ・フランス・オーストラリア・香港などですが、ランドカジノ(海外で楽しめる陸上カジノ)がある国ではカジノが合法化されているのと同様に、オンラインカジノも合法化されている国が多いようです。

運営ライセンスについて

オンラインカジノを運営する会社には必ず『運営ライセンス』というものが必要になります。
その運営ライセンスをどのように取得するのか?と言いますと、政府に審査を依頼し、その審査をクリアすれば『運営ライセンス』を取得することができます。
運営ライセンスを発行する国(政府)ごとで審査基準にばらつきがありますが、信頼のおけるオンラインカジノ運営ライセンス発行国(政府)は下記の通りです。

  • マルタ共和国
  • イギリス(UK)
  • キュラソー島
  • ジブラルタル
  • マン島

以上が特に審査の厳しいライセンス発行国とされています。
この先、オンラインカジノでのプレーを考えている方は、安全のためにもカジノサイトがどのライセンス発行国で運営ライセンスを取得しているか?という部分も頭に入れておくことをお勧めします。

日本でオンラインカジノをプレーすると違法?

これまでのお話でオンラインカジノ自体は違法ではないという事をご理解頂けたと思います。
では次に、日本人が国内でオンラインカジノをプレーする行為が違法なのか?合法なのか?についてです。

こちらは結論から言うと『違法でも合法でもない』というのが正しい解釈になります。いわゆる『グレーゾーン』です。

なぜ曖昧なグレーゾーンなのか

それは、そもそも日本ではまだオンラインカジノに関しての法整備が整っていないためです。

極論、今の日本の法律では合法か違法かを裁くことはできないのです。

日本の賭博に関する刑法は2種類あります

①単純賭博(刑法185条)
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

②常習賭博および賭博場開帳等図利(刑法186条)
1.常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2.賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

この内容を見るかぎりオンラインカジノは完全に違法のように見えますが、上記2つの法律には『賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とする』という事が前提にあり、取り締まる警察の賭博事犯捜査実務でもしっかりと書かれているのです。

つまり『胴元を検挙することが前提であって、胴元の検挙なくして賭博法の成立はない』ということです。

しかし、オンラインカジノの胴元(運営会社)は合法的に運営することができる「海外」に存在します。

さらにその国でライセンスをしっかりと取得しています。
そのため、海外で合法的に運営されている胴元(オンラインカジノ運営会社)を日本の法律で取り締まることはできません。

よって海外で合法に運営している胴元を利用して日本国内でオンラインカジノをプレーしていたとしても、海外の胴元が取り締まれない以上、プレイヤーは逮捕されないというわけです。

まとめ

以上、オンラインカジノの違法性について解説しました!
そして「オンラインカジノは、海外で合法的に運営されているので違法ではない!」という事をご理解いただけたと思います。

しかし、あくまでも現在の日本の法律では「合法」ではなく「合法でも違法でもない」という立ち位置にあります。

日本国内で運営しているかもしれないカジノ、
明らかに日本国内の参加者専用のカジノなどは
違法であゆ危険性が高いので、自衛のためにもオンラインカジノを運営している会社について1度調べてから登録するようにしましょう。