日本でのランドカジノはどうなるの?今話題のカジノ法案とは?

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律です。
カジノ法案と呼ばれていることから誤解されがちですが、単にカジノを作るための法律ではないのです。

カジノ法案とは?

カジノ法案の目的

カジノ法案の目的として、政府は以下のように述べています。

(目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

(基本理念) 第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。
(※特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案より一部引用)

ざっくりと要約すると・・・

「IR(統合型リゾート)を作って観光客を呼び込み、財政難を改善させよう!」
「IR(統合型リゾート)にはカジノ施設が含まれているから、適切に管理・運営しよう!」

というものです。

主にカジノ法案と呼ばれていることから、単にカジノを解禁するための法律と考えられることも多いのですが、あくまで目的は観光客を集めることであり、その観光客を集める手段がカジノ施設を含んだIR(統合型リゾート)というわけです。

IR(統合型リゾート)とは?

では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設です。

 IR(統合型リゾート)はカジノだけじゃない!

  • レストラン ショッピングモール
  • ホテル
  • 映画・プールなどのアミューズメント施設
  • MICE施設(国際展示場・会場等)

カジノのイメージが先行しがちなので、ギャンブル好きの大人が集まる場所のようなものを想像する方もいるかも知れませんが、実際は大人から子供まで、老若男女が楽しめる様々な施設が集まったまさに「リゾート」なのです。

カジノ法案のメリット・デメリット

カジノ法案がもたらすメリット

最初に法案が提出されてから6年、カジノ法案が成立するまで、非常に長い間議論がされてきました。今でも反対派の意見は根強く、それほどまでに賛否が分かれる法律なのです。
その賛否の元とも言える、カジノ法案によるメリットと問題点を見ていきましょう。

  • 観光による経済効果
  • 雇用促進
  • インフラ整備による地域活性化
  • 観光による経済効果
  • 雇用促進
  • インフラ整備による地域活性化

日本がIRの開業に乗り出した大きな目的の一つが、外国人観光客を集客し、日本経済を活性化させることです。

日本は、いまだ停滞している経済状態を打破するため、観光大国としての地位を確立することを目指しています。
中国人観光客が日本製品を根こそぎ買っていく姿を「爆買い」と称して話題になったのはまだ記憶に新しいですが、その経済効果は非常に高いものでした。

もっと外国人観光客に日本に来てもらうにはどうすればいいか?という問いの答えの一つとして、政府はカジノ法案を提案したというわけです。

カジノ法案による主な問題点

  • ギャンブル依存症の増加
  • マネーロンダリングの懸念
  • 治安の悪化
  • ギャンブル依存症の増加
  • マネーロンダリングの懸念
  • 治安の悪化

カジノ法案への反対意見として最も大きなものは、ズバリ「ギャンブル依存症の増加」への懸念です。
政府もギャンブル依存症対策の重要性は認識しており、「IR実施法」において、具体的な入場回数の制限や、入場料の徴収などを定めています。

「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立したことにより、今までほとんど対策されていなかった競馬やパチンコといった既存のギャンブルも含めた依存症対策が具体的に策定されていく予定です。

IR候補地は今のところどこなの?

IR推進法は成立しましたが、具体的にどこに施設を建設するかは現在も未定です。候補地は以下の地域に絞り込まれています。

北海道
千葉県
東京都
神奈川県
大阪府
愛知県
長崎県
和歌山県

これ以外の候補地でも、今後誘致活動が活発化する可能性はありますが、基本的には上記候補地のなかから3地域が選ばれる予定です。

ただ現時点で、苫小牧では苫小牧統合型リゾート推進協議会が設立しており、新千歳空港付近にIRを設立するという考案がなされていることからもかなり有力候補となっていることが伺えます。
都心付近では、お台場や幕張新都心、山下ふ頭が候補に上がっています。中でもお台場はずっとリゾート化計画があるためIR設立が期待されていますが、東京オリンピックや築地市場の移転でなかなか達成されずにいるようです。

また、最有力候補と言われている大阪は2025年に万博を予定していることもあり設立メリットがかなり高いと考えられています。

特定複合観光施設・カジノができるまでの道のり

IRリゾート施設ができるまでの流れは、以下のようになると予想されます。

  1. IR推進法によって定められた必要措置を検討・設置する
  2. IR実施法の整備と可決
  3. 候補地の選定
  4. 民間資本による開発

どちらにせよ今の日本の現状としてはまだIRに財と時間を要する暇がないので、今後IRができるまでにはかなり時間がかかるのは確かです。

ですが、逆に言ってしまえば近い将来日本にカジノができるのもそう遠くないということです。

まとめ

今回はIRについて解説してきました。

そろそろ近い将来日本にもランドカジノができるということで今のうちにオンラインカジノで練習しておくことをお勧めします!
下記のリンクでは2020年おすすめのオンラインカジノについて紹介しているので参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする