中国発祥のカジノゲーム、キノ(KENO)について徹底解説

日本ではあまり聞き慣れない、キノ(KENO)とは?

キノはあまり日本ではなじみのないゲームですが、もともと中国で作られたギャンブルゲームになります。

中身は宝くじとと似ているところが多く、実は日本人には親しみやすいゲームになっているのです!

それにくわえ、キノは日本の宝くじなどに比べて圧倒的に当たる確率が高いことでも知られています。あまり日本人でやっている人も少なく、ルールも簡単なのでこれを機にオンラインカジノを始めるという方は是非一度試してみてください!

・キノは中国発祥のゲーム

・日本であまり聞き慣れないがルールはいたってシンプル

ルールを覚えればキノは宝くじ以上に儲けられる可能性も

そんなキノ(KENO)ですが、先ほど話した通りじつは日本の宝くじにシステムが似ているのにもかかわらず、宝くじに比べて圧倒的に儲けやすいのです!

しかし、宝くじと似ているなだけあって、 このゲームはすべて運によって勝敗が決まるため、勝つ必勝方法はあまり存在しないのです。

つまり、勝てるチャンスは初心者もベテランのプレイヤーも皆平等なのです。だからと言ってキノのルールを覚えることが無意味という意味でもありません
賭け方や、キノのルールを覚えることによって他のゲームの攻略法の参考になったりと、思わぬところでギャンブルはつながってくるものなのです。

運ゲーだ!といってルールを覚えずに飛び込むのは、社会情勢を見ずに株を買うようなもの。この工程を飛ばさずにしっかりとルールを抑えておきましょう!

キノの歴史

今カジノで見るキノは、キノ・グースと呼ばれる透明なフラスコ状の抽選機に1番から80番までの通し番号が振られた80個の抽選用のボールを入れ、取り出し口に入ったボールに描かれた数字を当選番号として採用するものがとても主流です。

この中からランダムに20個のボールをピックアップします。そしてその番号を予想するゲームです。

日本には、ロトくじと呼ばれるシステムがあります。このロトくじとキノは、非常に似ており、ロトをやったことがある人は簡単にゲームのやり方をマスターできます。

キノでは、どれだけの数字を選んだのか、そのうちどれだけの数字が当選したかをチェックします。その結果次第で配当金も変わります。

キノ(Keno)のルール・遊び方を解説

キノ(ケノ)は20ヶの数字が抽選され、その抽選された番号をどれだけ多く当てられるかがゲームの目的です。

  1. 1から80の番号が書かれたキノボードからあらかじめ好きな数字を選んで印をつけます。
  2. ドローされた番号があらかじめ印をつけた番号と同じなら当たり、違うならはずれ、というビンゴの数字が80個になったようなゲームです。

当てたときの払い戻し金は賭けた金額、印をつけた数字の個数、いくつ当てたかによって決まり、それは賭けたときにキノボードに表示され

どうですか?意外と簡単なのがわかったと思います。

オンラインカジノでのキノはどうなの?

2020年現在、オンラインカジノサイトでキノ(KENO)を扱っているサイトは年々少なりつつあるのが現実です。

日本人にあまり知られていないように世界でもあまり知名度に関してはポーカーやルーレットに比べて低いのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする