オアシスポーカーとは?基本ルールや専門用語について徹底解説

基本ルールについて

オアシスポーカーはゲーム中に周囲が気になって集中できないという人も、オアシスポーカーなら周りを気にすることなくディーラーとの勝負だけに集中することができます。

ゲームに参加するプレイヤーは全員参加料としてアンティを支払わなければならず、プレイヤー全員がアンティを支払い終わるとカードが配られます。

自分のカードを確認したプレイヤーは、勝負を続行するか下りるかの選択をしなければならず、下りた場合はアンティ没収、続行する場合はカードの交換を行うことができます。

ここで気をつけなければならないのはカードを交換するためにはコストがかかるということで、カード交換のコストは勝敗に関係なく戻ってきません。

下記が交換時のコストになります。

1枚交換:アンティと同額
2枚交換:アンティの2倍
3枚交換:アンティの3倍
4枚交換:アンティの2倍
5枚交換:アンティと同額

カード交換する時は、交換したカードを伏せてからコストを支払い、交換後に再度勝負を続行するか下りるかの選択をします。

勝負続行の場合は「コール」し、コールボックス上に伏せたカードを置き、その後アンティにベットした額のバイのチップを置きます。

ディーラーがプレイヤーと勝負するのは、AとKの両方のカードを持っている場合のみで、それ以外は勝負を下りなければならないルールです。

ノットクオリファイの場合、プレイヤーには始めに支払ったアンティの2倍のチップが払い戻され、コールに賭けたチップはそのまま戻ってきます。

オアシスポーカーのゲームの流れ

オアシスポーカーでは途中でカード交換をすることができるので、他のポーカーに比べるとゲーム中のアクションが多くなることもあります。

もちろん、配られたカードを交換せずに勝負する時にはアクション数も減りますが、カード交換が必要なケース、そうでないケースの両方の流れを知っておく必要はあるでしょう。

ゲームの流れを簡単に解説していきましょう。

カードが配られる

カードが配られた後にプレイヤーが取るアクションは、3つのうちいずれかです。

席についてアンティにチップを置く

アンティはポーカーの参加料のようなもので、全員が必ずベットするものです。

この金額が後のドローコストのベースにもなるので、いくら賭けるかは資金をしっかり確認してから来ましょう。

プレイヤーに配られる5枚のカードは全て伏せたままですが、ディーラーに配られるっカードのうち1枚はオープンされます。

コールして勝負orドローして勝負orフォールド

カード交換が必要な場合は交換後、交換しない場合はすぐに次のアクションを選択します。

プレイヤーができるアクションは、カード交換をせずに勝負、カード交換をして勝負、ゲームを下りるのいずれかです。

カード交換してから勝負する場合は、交換したいカードを選択してドローをクリック、交換が終わったらコールして追加ベットしてから勝負します。

つまり、カードを交換するための費用とコールでの追加ベットの両方が必要になるということで、それだけのコストをかけても勝てるのかどうかが、交換するかどうかの見極めポイントと言えるでしょう。

カード交換前、交換後どちらでもゲームを下りることは可能ですが、どちらにしてもベットしたチップは全て没収となります。

オアシスポーカーにはディーラーの降参というルールがある

オアシスポーカーにはディーラーのハンドによって強制的に降参しなければならないというルールがあり、ディーラーが降参することで自動的にプレイヤーの勝ちとなります。

ディーラーのハンドに「A」か「K」、あるいはペア以上のカードがない場合は、フォールドとなり、アンティには1倍の配当が付きますがコールには配当がつきません。

もし、プレイヤーがロイヤルストレートフラッシュを完成させていたとしても無配当、勝てたとしても複雑な気持ちになりそうですが、そういうルールなので諦めるしかないでしょう。

オアシスポーカーの役と配当

オアシスポーカーの役は、一般的なポーカーと同じなのでポーカーで遊んだことがある人なら名称や役を作るカードの種類などで迷うことはないでしょう。

弱い役から強い役を順に並べ、配当と合わせてご紹介します。

ハイカード(2倍)

役が一つもできておらず、ディーラーよりもカードのランクが高い状態をハイカードと言いますが、ディーラーが勝負をする場合は必ずAとKを持っているということなので、自分のハンドにはキングハイ以上の手が必要です。

ワンペア(2倍)

同じ数字のカードが2枚ある状態で、ディーラー、プレイヤーともにワンペアだった場合は、ペアになっているカードのランクが高い方が勝ちです。

ツーペア(3倍)

同じ数字のカードが2枚組みが2組ある状態で、ディーラー、プレイヤーがともにツーペアの場合はランクの高い方のペアを比較、それも同じ場合はランクの低い方のペアで強さを比較して勝敗を決めます。

スリー・オブ・ア・カインド(4倍)

同じ数字のカードが3枚揃っている状態で、日本ではスリーカードと呼ばれる役です。

ストレート(5倍)

連続した数字のカードが5枚並んでいる状態で、柄が違っても構いませんが「A」を含む場合は「10、J、Q、K、A」か「A、2、3、4、5」のような並びでなければストレートが成立しません。

フラッシュ(6倍)

同じ柄のカードが5枚揃っている状態で、数字は連続していなくても構いません。

ディーラー、プレイヤーがともにフラッシュの場合は、ランクの高いカードを比較して勝敗を決めます。

フルハウス(8倍)

ワンペアとスリーカードが揃っている状態で、ディーラー、プレイヤーがともにフルハウスの場合はスリーカードのランクを比較して勝敗を決めます。

フォー・オブ・ア・カインド(21倍)

同じ数字のカードが4枚揃っている状態です。

ストレートフラッシュ(51倍)

連続した数字のカードが5枚揃っているストレート、かつ全てが同じ柄のカードである状態です。

ロイヤルストレートフラッシュ(101倍)

ストレートフラッシュのうち、カードの並びが「10、J、Q、K、A」になっているものをロイヤルストレートフラッシュと言います。

ポーカーで最も強い役ですが、出現確率は0.000154%となっているので、滅多に見ることはできません。

オアシスポーカーの基本用語集

基本的にオアシスポーカーでしか使わない専門用語はかなり少ないです。

・アンティ:ゲームの参加料のようなもの。最初にベットするチップ
・フォールド:ゲームを下りること。オアシスポーカーの場合はドロー後のフォールドも選択可能
・コール:アンティの倍額をベットしてゲームを続行すること
・ドロー:アンティと同額~3倍のコストを支払ってカードを変更すること

オアシスポーカーが楽しめるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

サポート力
人気・注目度
入出金のスムーズさ
VIP対応
ゲーム性
入金方法クレジットカード (VISA , マスターカード), bitcoin
出金方法銀行送金 , bitcoin

ベラジョンカジノは業界を代表する大手オンラインカジノであり、日本人向けのサービスが充実しており初心者でも始めやすいカジノとなっています。

サポートが日本語にしっかり対応しているので安心して取引ができるサイトの一つです。

幅広く豊富なカジノが多く、必勝カジノ大賞も2016年、2017年、2018年、2019年と4年連続で金賞受賞中!

今なら期間限定で新規ユーザーを対象にボーナスとして$30(約3000円分)配布を行っています!アカウント登録さえすれば$30がもらえてそれをリアルマネーとして使用できます。初回にて入金のご準備は一切不要です。

是非一度、お試しで遊んでみて下さい(期間限定なのでお早目に!)

Bitcasino (ビットカジノ)

サポート力
人気・注目度
入出金のスムーズさ
VIP対応
ゲーム性
入金方法bitcoin , クレジットカード(VISA , マスターカード)
出金方法bitcoin

ビットカジノは仮想通貨のビットコインで遊べるオンラインカジノです。ビットカジノは、入出金でビットコインなどの仮想通貨を使えるのが大きな特徴です。

ビットコインを利用しているのもあり、しっかりとした内容となっているので、信頼性はかなり高い
ビットコインでの資産運用が近年広まっていますが、ビットカジノはいち早くその流行に乗っかって運営をはじめました。プレイヤー登録が簡単なのが便利ですね。
仮想通貨で入出金ができるカジノサイトは他にもありますが、ビットコインをそのままベットして遊べるのはビットカジノだけ!

出金する際は本人確認書類の提出が不要なので、登録してから賞金を引き出すまでが非常にスピーディー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする