カジノ攻略

【還元率100%越え!?】オンカジでのメンタルの重要性と鍛え方とは


オンラインカジノなどのギャンブルではどうしてもメンタル(心)との葛藤があるものです。いつ損切りをしたらいいのか。ここで損切りをしちゃって大丈夫なのか。塩漬けにした方がいいのではないか。などなど、皆さん一度はこのような葛藤でメンタルが削られていくような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

常に正常な判断をし、よりよい賭けをできるよう、メンタルを鍛えることはオンラインカジノをするうえで必要不可欠なことなのです。

では、具体的にはどのようなメンタルコントロールをすればいいのでしょうか。今回はその鍛え方や、考え方についてお話していきたいと思います。

オンカジでのメンタルコントロールのあり方

勝つためにはメンタルコントロールが必須

オンラインカジノはギャンブルの中でも98%と、最も還元率が高いことで有名ですよね。ですがそれでも還元率は100%ではないため、残り2%をどれだけ最小で済ませれるのか、そこで損切りなどが必要不可欠になってきます。

逆に言ってしまえば、的確な損切りさえできてしまえばこの還元率は容易に100%を超えることもできちゃうのです。

負けてしまうことを(損切りを)ちゃんと認めることができないと、一回の負けでも大量の資金を失うことにもつながりかねません。

そのような観点からみても、ここでメンタルを日々に鍛えておけば、「今回のはしょうがない。次に生かそう」「ここでしっかり損切りをしてばかなことはしないようにしよう。」など常に冷静な判断ができるわけです。

オンラインカジノではメンタルの管理が必要不可欠

損切りなどの際には特にメンタルの強さが生かされる

スポーツのようにオンカジでもメンタルは重要

スポーツでは、メンタルが選手のパフォーマンスに大きな影響を与えます。どんなに練習を重ねても、本番で緊張したり怖気づいたりすると、本当の力を出せないまま試合が終わってしまうからです。一度のミスで動揺し、パフォーマンスが悪くなるのもメンタルが大きく影響しています。

それは、オンラインカジノでも同じです。どんなに練習したとしても、そのばの雰囲気やたった一度の損切りなどから、いつもよりやけになってしまったり、動揺してしまうことで普段通りのパフォーマンスが発揮されなくなってしまうのです。

オンカジで使えるスポーツ選手のメンタル論

有名なスポーツ選手のメンタルとの向き合い方

では、世界を舞台に活躍するスポーツ選手は、どのようにメンタルを鍛えているのでしょう。

テニスの錦織圭選手

穏やかな性格の錦織圭選手に対し、コーチのマイケル・チャン氏は「勝てない相手はもういないと思え」と、まるで洗脳するように何十回も言い続けるそうです。そして、トップ選手とゲームを行う際には「お前はショーをしに行くんじゃない、勝ちに行くんだ」とけしかけるそう。そのおかげで錦織選手もそう思い込むことができ、自分を信じられるようになったそうです。

野球のイチロー選手

スポーツ心理学の専門家で滋賀大学の豊田教授が「競技意欲テスト」でイチロー選手を測定した際、失敗や緊張に対する不安度が非常に低かった。その結果についてスポーツ心理学者の児玉光雄氏は、イチロー選手は「失敗しても自分、うまくいっても自分という考えである」と判断したそうです。スポーツ心理博士の布施努氏は、イチロー選手のコメントなどから、「『結果は思いどおりにコントロールできないが、そこに至るまでの姿勢は自分でコントロールできる』とイチロー選手は考えている」と推察しています。専門家にも注目されるイチロー選手のメンタルの持ち方は、ぜひとも参考にすべきでしょう。

サッカーの本田圭佑選手

サッカー日本代表の本田圭佑選手は小学生の頃から、起床時間や就寝時間、脈拍数や体重、食事や体調、練習の反省などを記す「本田ノート」を書き続けているのだとか。九州大学の学術協力研究員・河津慶太氏は、本田選手の強い精神力や揺るぎない自信は、そのノートから生まれているといっても過言ではないといいます。この「本田ノート」は、スポーツ心理学の「セルフモニタリング」にあたるとのこと。自分の行動・思考・感情などを観察するので、気づき、モチベーションの維持などに効果的だそうです。

フィギュアスケートの羽生結弦選手

金メダリストの羽生結弦選手も、「セルフモニタリング」にあたる「発明ノート」を書いているといいます。毎日のように、スピード、タイミング、感覚など、練習で気になったことや思いついたこと、試してみて良かったこと、悪かったこと、疑問点などを書き記していくそう。これにより覚えておくべきことが記憶に残り、客観性が生まれ、成功するうえでポジティブな効果をもたらすといいます。

メンタルコントロールは人それぞれ

自分の性格ややり方に合った方法を見つけることが大事

オンカジでのメンタルの鍛え方

自分のノートをつくる

これはほとんどのプロフェッショナルの方が行っていると思います。これは負けたときや勝った時の様子や考え方をメモすることによって、時間がたった後に冷静に第三者からの視点でそれらを見直すことができるのです。そのほかにもひとは何かに記すことによって冷静さを取り戻すもんだともいわれています。メンタルトレーニングをまず何からすればいいのかわからないという方には特におすすめです。

結果に注力しすぎない

結果や評価から目を背けると、規範になるのは「自分の達成感」になるはず。たとえば、うまく喋れないかも、成果を出せないかも、という恐怖がつきまとうプレゼンテーションの結果や評価から目を背け、いかに自分が努力できるかに注力するのです。きっと、自分のコントロール下で自信が生まれ、結果もあとからついてくるはずです!そしてそれらをまたノートに記して次回への糧にするとより良い方向へとメンタルが持っていかれるでしょう。

他者と比べすぎない

オンラインカジノはよく他者との競争だといわれます。確かにそうなのですが、メンタルをより良い方向にもっていくためには競争相手は常に自分と考えるといいでしょう。過去の自分の考え方をノートにしるし、その自分を超えられるような賭けをする。そうすれば焦ることなく、また明確に目標設定ができるため、オンラインカジノ以外にも様々なところで生かされるのです。

プレイ環境を変えてみる

人はどうしても失敗をしてしまった環境などを無意識にジンクス化させてしまうことがしばしばあります。そのようなかんきょうでやってしまうとどうしてもメンタルが思うように発揮されないことがあります。気分をリフレッシュするなどの様々な効果もあるのでなかなかいい考えが出ないという方はカフェに行ってみたり、図書館でやってみたりと環境を一度替えてみてください。

まとめ

今回はオンラインカジノではメンタルがどのような重要性を計ってくるのかお伝えしてきました。メンタルは人の性格と同じで十人十色です。それによって鍛え方も人それぞれです。上記に書いたのを参考に自分ならではのメンタルトレーニングをし、オンラインカジノではそのメンタルを発揮しながらリラックスした状態でよりよい賭けをしていってください!